航空宇宙学科 水書研究室 本文へジャンプ
ようこそ イメージ
水書研究室では、以下のような研究を進めています。

・ 地球および惑星大気圏における革新的高速飛行のための気体力学現象の解明

・ 大気中での局所・瞬時エネルギ開放現象(爆発)による環境への影響予測

・ 実機規模の高速飛行体が作り出す流体現象の定量的可視化計測の実現

・ 衝撃波が生体組織に与える影響の解明と医療技術への応用

研究ゼミナール1/2説明会(2016年度2年生向け)で使用したスライド(LabIntro2016.pdf)

研究室紹介ビデオ(2013年度版)(学部2年生向けに作りました,Youtube,9分34秒)

研究室facebookページ https://www.facebook.com/mzkklab/

 当研究室は,高速空気力学,衝撃波現象の解明を中心とした研究を行っています。衝撃波現象は,主に超音速飛行する航空機や宇宙機の周囲で発生するものがよく知られていますが,爆発,高速衝突といった極限現象と不可分な現象としても有名です。また,最近では,衝撃波医療と呼ばれる分野が確立しつつあり,衝撃波を利用した非観血的な(体を切開しない)結石破砕術や循環器や脳血管に生じた血栓の除去に衝撃波を応用した医療技術が注目されています。
 当研究室では,衝撃波現象そのものの基礎研究および産業分野への応用研究ならびに衝撃波関連現象を精緻に測定するための先進的計測技術について研究しています。
イメージ
更新情報
2016年度 研究室 Facebookページ作成 https://www.facebook.com/mzkklab/

2014年08月06日  最新情報に更新

(途中削除)
 2007年 6月 1日   研究室ホームページ公開