航空機は、空気の力を利用することで大気中を自由に航行することができますが、実際の空気の流れは複雑で乱れています。また、航空機は様々な運動を行います。
そこで、コンピュータによる数値解析および実験により、流れの複雑性、乱れの現象を解明し、航空機や宇宙機などの飛翔体の運動時の空気力学的特性を把握することで、高性能化・高速化を実現し、運動性能の高い飛翔体を設計するための研究を行っています。
 また、航空機の周りの流れから発生する騒音の発生メカニズムを解明し、低騒音で環境にやさしい航空機の実現に向けた研究を行っています。


 具体的には, 数値解析と合わせ実験を行うことで,現象の解明及び実際の設計を視野に入れた応用を進めています.
さらに, 非定常流体現象に関して得られた知見をスポーツ流体力学や生物流体力学などの分野に応用することも計画しています.

主な研究テーマ:

飛翔体の非定常運動時の流体力学特性の把握
急加速・減速を伴う物体に働く非定常空気力の解明
GPUの活用による数値流体解析手法の高速化
流体騒音解析手法の開発
設計・運転シミュレーション技術の開発
非定常3次元渦流れ現象の解明
乱流現象、空力音響現象の解明
高性能ソーラーカーの空力開発
ソーラー小型無人飛行機の開発
高効率熱音響機関の開発


飛翔体の非定常運動時の流体力学特性の把握


流体音響現象の解明


乱流現象の解明


設計・運転シミュレーションの実現と工学教育への応用


GPUの活用による数値流体解析手法の高速化




※ 今後、情報を記載してゆきます。