Fukuda Lab., Dept. of Aeronautics and Astronautics,
 Tokai University, Japan

Fukuda Laboratory

Tokai University, Japan
 
 

東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻 福田研究室へようこそ

01_2011-tokai-challenger-02.png 02_2011-wsc-01.png 03_2011-tokai-challenger-04.jpg 04_2011-tokai-challenger-05.jpg 05_2013-tokai-challenger-02.png 06_2013-10-17_wsc-02.jpg 07_2013-tokai-challenger-05.jpg 08_2015-tokai-challenger-03.jpg 09_2015-tokai-challenger-06.jpg 10_17tc.png 12_2017-wsc-01.png 13_2019-wsc-05.png 14_2019-wsc-04.png 15_2019-wsc-03.png 16_2019-wsc-goal.png 17_kau-01.jpg 18_kau-06.jpg 19_kau-07.jpg 20_kau-08.jpg 21_evolta-01.png 22_solar-car_solar-plane-01.jpg 23_solar-car_solar-plane-02.jpg 24_airplane-01.png 25_sphere-02.png 26_multiple-spheres-01.png 27_pitching-wing.png 29_vm-02.png 30_blood-flow.png 31_2019-wsc-01.png

POLICY 理念

  航空機は、空気の力を利用することで大気中を自由に航行することができますが、実際の空気の流れは複雑で乱れています。また、航空機は様々な運動を行います。クルマを早く走らせるためにも、車体の周りを流れる空気を乱さず、きれいに後方へ流すことが重要となります。
  そこで、コンピュータによる数値シミュレーションおよび実験により、流れの複雑性や乱れの現象を解明し、航空機や宇宙機、クルマなどの運動時の空気力学的特性を把握することで、運動性能が高い航空機、宇宙機、クルマを設計するための研究を行っています。
  流れの乱れ現象に起因する、航空機の周りの流れやロケットの排気ジェットから発生する騒音の発生メカニズムを解明し、低騒音で環境にやさしい航空機、ロケットの実現に向けた研究も行っています。 
  また、本研究室のシミュレーション技術は、これまで行ってきた数多くの企業との共同研究を通して、様々な製品の高性能化に貢献しています。また、東海大学のソーラーカーにも応用され、数多くの世界大会での優勝に貢献しています。
  さらに、非定常流体現象に関して得られた知見をスポーツ流体力学や生物流体力学などの分野に応用することも計画しています。

 
NEWS ニュース

2020年11月23日

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、東海大学湘南キャンパス2号館大ホールの換気の解析を行いました。その記事が大学の公式ホームページに掲載されています。
大学サイト: https://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/shonan/news/detail/post_1934.html

2020年9月4日

株式会社大塚商会 第11回SOLIDWORKS解析ユーザー会(オンラインセミナー)で福田が基調講演として講演をします。登録制となっておりますが無料でご参加頂けますので、ご興味のある方は、ぜひ、ご参加をご検討ください。
登録サイト: https://www.otsuka-shokai.co.jp/event/region/20/0904swku/